火葬には法律が不十分

火葬には法律が不十分 ペットが亡くなった場合には、焼却場に運んで焼いてもらうことが一般的でした。
小さな動物の場合には土に埋めることもできましたが、中型以上の大きさのペットは衛生的に良くないためそのまま土に埋めてしまうことはよくありません。
保健所に依頼すると他の動物たちと一緒に焼かれてしまったり、焼却場で焼くことはペットを家族の一員として考えていることから、受け入れられない飼い主も多くいます。
最近はペット葬儀は火葬から納骨まで人間と同じように扱う方法に注目されています。
ペット葬儀の流れは、業者に連絡をして火葬の方法を個別にするか集団にするかを決めていき、火葬の立ち会いや骨を返却してもらうかを決めていきます。
火葬するまでに時間がかかるい場合には、家に安置することになるため夏場の場合にはドライアイスなど冷やしていきます。
会場で火葬するか火葬車が自宅に来る場合と方法がありますが、火葬車が来る場合にはその場でのお別れが可能です。
火葬するときにはペットが使っていたおもちゃやお花なども一緒に入れることも可能です。
骨を返却してもらわない場合には納骨室で供養されますし、返却希望の場合には受け取り後に納骨する場所を決めていきます。
動物の火葬には法律がないため法整備は不十分です。
自治体によっては基準を設けているケースもありますが、誰でも開業できるため悪徳な業者もいることから注意が必要です。

ペット葬儀の際にはその自治体の条例に注意を

ペット葬儀の際にはその自治体の条例に注意を 最近のペットブームに伴い、なんらかの生き物を飼育する人は増加しています。
それと同時に、亡くなったペットの葬儀も右肩上がりに増えているのが実状です。
近年ではペット葬儀を専門に扱う業者も多数存在しており、実際にペット葬儀を行う場合でも、さほど困らないようになっています。
しかし、ペットの葬儀を行う際には住んでいる地域の条例に注意することが必要なのです。
例えば、その亡骸の火葬を移動火葬車などによって行うことがありますが、自治体によっては移動火葬を禁止している地域が設けられている場合があります。
また、移動での火葬が認められていても、許可を受けた事業者でなければ行うことはできないという可能性もあります。
このように、ペットの葬儀については地域ごとに様々な制限が設定されているのです。
当然ではありますが、しっかり許可を受けている専門業者であれば、このような規制などについて熟知していますので、安心してペットの埋葬手続きを任せることが出来ると言えます。

新着情報

◎2018/8/6

火葬には法律が不十分
の情報を更新しました。

◎2018/6/1

自宅で遺体を安置する際
の情報を更新しました。

◎2018/4/3

お墓は葬儀の前に作るの?
の情報を更新しました。

◎2018/1/10

悪徳業者に要注意!
の情報を更新しました。

◎2017/11/6

ペット葬儀をするまでの準備
の情報を更新しました。

◎2017/9/8

サイト公開しました

「火葬 法律」
に関連するツイート
Twitter

火葬後の骨も、法律上は「死体」に分類されるので、遺棄すると「死体遺棄」で警察のお世話になる。

返信先:@fukayahokuto 衛生面や法律も考えると都会であれば火葬しかないということですね。

RT @vitaminemine073: @monsandx @ishinsya 日本の法律では土葬はオッケーです。 イスラム墓地もありますし。 ただ、東京都は自治体として禁止だそうですね。 現在の火葬はほぼ99.9%は火葬です。 ただ今後この比率が崩れた場合の弊害には目を向け…

火葬後の骨も法律上は「死体」に分類されるので遺棄すると「死体遺棄」で警察のお世話になる。

Twitter heart0bot 知らなかった方がよかった雑学bot

返信 リツイート 昨日 18:32

法律上の問題があるから、火葬して、最安値の業者に頼んで散骨するのがベスト。

Twitter inugamiko_ta 隠神コータ(アローラのすがた)

返信 リツイート 昨日 14:19

死後24時間以内に 火葬してはいけないと 日本の法律で定められている。

Twitter ss0125kn 櫻井による雑学bot

返信 リツイート 昨日 11:27

火葬後の骨も法律上は「死体」に分類されるので遺棄すると「死体遺棄」で警察のお世話になる。

Twitter heart0bot 知らなかった方がよかった雑学bot

返信 リツイート 昨日 6:02

火葬後の骨も法律上は「死体」に分類されるので遺棄すると「死体遺棄」で警察のお世話になるということ

Twitter siranakuteii 知らなくていい雑学

返信 リツイート 8/19(日) 18:30

火葬後の骨も法律上は「死体」に分類されるので遺棄すると「死体遺棄」で警察のお世話になる。

Twitter heart0bot 知らなかった方がよかった雑学bot

返信 リツイート 8/19(日) 17:23

返信先:@itsgroovymasa 気付くのに非常に長い期間が必要になるかと。 日本で、人が他界するにあたりお金がかかりますね。 「火葬場で直葬」にしても、 法律では、亡くなってから24時間は火葬ができません。 火葬するためには棺に納め、寝台車が必要です。 ↓